初級者向け英作文トレーニング、英単語力アップ、記憶力アップの方法 etc

英語独学マニュアル C

英語独学マニュアル

 

 「 Method of Self-Education 」 No.4

 

 

英語習得の優先順位
1位 読む(リーディング)
2位 書く(ライティング)※1位2位は同位
3位 聞く(リスニング)
4位 話す(スピーキング)

 

独学の行程
リーディング・ライティング編
1. 英文を読んで単語力をつける
2. 体系的に文法を学ぶ
3. 英作文トレーニング(カテゴリー化とパラフレーズ)
4. 多読(得意分野に偏らせるのが好ましい)

 

リスニング・スピーキング編
1. 英語の音を聞き取る力
2. 英語の発音練習
3. 教材音声(CD)による英会話の聞き取り
4. 教材音声(CD)による英会話のピーキング練習
5. リスニングトレーニング(推測力・予測力の訓練)
6. スピーキングトレーニング(瞬間英作文+発音)

 

 

どんな順番で何を学んでいくのが最も効率的かご理解いただけたものと思います。

 

翻訳者を目指すならリーディングとライティング力に磨きをかける。通訳者を目指すならリスニングとスピーキングも必要。目標を最初から決めておくことも大切です。

 

リスニングとスピーキングは英会話の準備に過ぎません。英会話を始めるつもりなら、独学から卒業して英会話スクールやオンライン英会話の準備も整えておきましょう。

 

 

目標があるなら、「いつまでに何を達成するのか」という期限の設定は絶対に必要です。ダラダラと「何となく」で進めていては良い結果を得られるはずがありません。

 

イヤなこと苦しいことは先送りするのが人間の性(サガ)ですから。

 

1年で独学メニューを全て完了して英会話スタートだと、かなり厳しいスケジュールになります。仕事や学校以外の時間全てを英語に費やすつもりでなければ不可能です。

 

2年あればずっと楽になります。少なくとも1日2時間、毎日英語の勉強時間を確保するくらいの努力は必要ですけど。才能や学生時代の積み重ねも関係しますけどね。

 

人によっては1日2時間じゃ足りないかな…

 

私は上記メニューの6番まで行くのに3年かかりました。

 

それでもリスニング力は完璧に程遠い。まあ、リスニング力はある程度で満足して英会話を始めたい人はさっさと次のステージに進むべきかもしれません。

 

日本人が英語のリスニングで完璧を目指すのは不可能に近いですから。

 

私の場合、ムダな勉強に時間を費やしたり、独学理論の研究にはもっと時間をかけていますからね。この記事を読んでくれた皆さんにより効率良い方法を提供できれば嬉しい限りです。

 

特に時間をかけてじっくりと取り組むべきは英作文トレーニング。次いで多読。リーディングとライティングの基礎がしっかりしていればスピーキングはそう難しくはありません。

 

リスニングだって英作文の基礎がしっかりしていて、練習方法さえ間違えなければ、一年以内で習得できるはずです。

 

練習方法を間違えると何年続けてもダメだけど。

 

英語の聞き取りと発音の習得には反復練習必須ですから、半年は継続するつもりで予定を立てたほうがイイでしょう。本格的に英会話を始める前に。

 

 

まとめに入りましょう。

 

独学はあくまでも目標を達成するための準備期間でしかありません。独学の先には目指すべき目的地・ゴールが必要です。ではければ人は頑張れない。

 

期限と目的のない勉強に大きな成果は期待できませんから。

 

留学・海外旅行
翻訳者・通訳者
海外ビジネス・海外勤務
英会話スクールでモテたい

 

…などなど、目的は何でもOK。

 

字幕なしで海外映画を見るのもいいし、英語の原文でお気に入りの小説を読むのもいい。海外の情報を先取りするにも何かと便利です。

 

目標設定は自分の才能・欲望・将来を考慮し、何よりも自分のモチベーションが最大限発揮されるものであることが望ましい。努力自体が自分の幸福と人生の目標に直結するものであることが。

 

結果も重要だけど、努力の過程で得られるモノもあるはずです。

 

目標設定には時間をかけましょう。

 

英語は手段にすぎませんが、習得の過程も楽しめるように。

 

↑TOPに戻る

 

【総合 INDEX】へGO!


 
英語習得に必要なこと リスニングをマスター 記憶力を鍛える方法 英語独学マニュアル おすすめ教材リスト